帳簿の作成

帳簿の作成

帳簿の作成にあたっては、主要簿と補助元帳を作成していきます。基本として、仕訳を行いながら、仕訳帳、総勘定元帳という帳簿を作成していくことになります。つまり、仕訳帳、仕訳伝票に記載し、その内容を総勘定元帳にまとめるという流れになります。

その結果、最終的にすべての内容が、勘定科目ごとに総勘定元帳に記載されます。もちろん手書きで帳簿を作成されても構いませんが、会計ソフトを利用して帳簿作成するか、税理士に記帳代行してもらうことも可能です。

一般的に帳簿には下記の種類があります。

主要簿

  • 仕訳帳(仕訳伝票)
  • 総勘定元帳

補助簿

  • 現金出納帳
  • 預金出納帳
  • 売掛金元帳
  • 買掛金元帳
  • 固定資産台帳 など

上記は複式簿記で必要となる標準的な帳簿です。帳簿は会社の規模や活動状況によって、変わってきますのでご注意ください。

仕訳帳、総勘定元帳は、主要簿と呼ばれ、すべての取引が記録されていきます。
帳簿の作成には、簿記の知識が必要になり、各取引ごとに借方、貸方などの項目を設定して仕訳という記録を切っていくことになります。補助簿とは、必要に応じて主要簿を補完するため取引の明細等を記載していきます。

会計ソフトを利用すれば、1度の入力で、仕訳帳、総勘定元帳などが自動的に作成されるものもあります。

税理士による経理基礎